• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
Hyperballad
     KAGURA Hinatsu
商業誌
2014年新刊
2014-09-17-Wed
■9月17日発売/幻冬舎ルチル文庫L
『巫女姫の結末』 イラスト・佐々成美先生

mikob.jpg

あらすじ/
幼少時代より父が創設した宗教団体〈天の御座〉で「巫女姫」としての役割を強いられてきた雪緒。
18歳になったある日、教組であった父が死去し教団が混乱するなか、一人の男が現れる。
男の名は降旗勲。
巨大企業グループを統べる名家の嫡男である自信に満ちた勲は、雪緒を自分の妻にすると宣言し、教団から強引に連れ去るが―!?。


2007年に発売された新書「巫女姫の結末」の文庫化です。
内容は変えていませんが、文章はあちこち直してあります。
本編、後日談「蜜月の庭」に加え、文庫化にあたって18pの新作「溺れる真珠」を書き下ろししました。
「蜜月の庭」は別荘でハネムーン、「溺れる真珠」は大型クルーザーでハネムーン。もうエンドレスでハネムーンです、この人たちは…。

◇後日談同人誌『巫女姫の結末・番外総集編 真珠』



     ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 



■8月21日発売/白泉社・ 花丸文庫
『そこから先は恋の領域』 イラスト・明神翼先生

soko.jpg

あらすじ/
元アイドルの勇希は、実は名門学園理事長の孫。次期理事長となるために、芸能界引退後は祖父に任命された教育係の飛鷹と同居を始める。
以前助けてもらったときから、勇希は飛鷹にひそかな憧れを抱いていたけれど、厳しい教育係の彼は、アイドルなど軽薄で常識がない存在だと決めつけて偏見を抱いている様子。
アイドルグループ時代の仲間の同性同士のスキャンダル揉み消しを飛鷹に頼んだことから、勇希自身も同様の疑いをかけられてしまい――。


感情を抑えつけるのに慣れた大人が、隠し事ができない子供相手に我慢できなくなっていく。そんな感じのお話です。


書店販促用のSSも書きました。
これは書店側がデータをプリントしてペーパーを作るそうで、実際にどこの書店で配布されるかは、レーベル側では把握しかねるとのことです、ご了承下さい。タイミングが合って入手された方は、ご覧になっていただけるとうれしいです。
でも色っぽいシーンは全然なくて、正座した攻めが延々と変なことを考えているだけのSSなので…。
page top
Copyright © 2017 Hyperballad. all rights reserved.